効果効能に惚れ込んだ42歳の俺|ED通告をされて始めたバイアグラ

バイアグラについて

バイアグラとは、米国生まれのED治療薬で有り、初めは狭心症を療治させる為に開発を行っていましたが一次の臨床試験では望んだ成果を上げる事が出来ず、薬の回収に当たった所、回収される事を拒む方が続出し、そこから理由について解明していくと勃起不全が解消出来る効用を発見する事となり、1998年に国際的にも初とあるバイアグラとして製品化され処方が始まり、1999年には国内でも処方する事が認められこれまでにも多くの方がEDの改善に役立てている医薬品になります。
現在では病院での処方以外にも個人輸入代行でバイアグラの通販などのサービスもあり、簡単に手に入れることが出来るようになっています。
剤形は菱形の錠剤となり、色は非常に独特な濃い青色となっており、中に含まれているシルデナフィル成分は白い粉末となり、中身に含有される成分量は50mgと25mgの用量単位としており、用量は医師の判断により増減されるものとしており、性交前に一錠の内服となります。
バイアグラが持つ効果効能としては、酵素を阻害する事である物質の優位性を高めるとされており、男性の方が勃起状態を起こす為にまず必要となるのは外部から刺激を受けた際に興奮を催す際に体から体内で分泌が行われるとされるNOであり、この中に上記に記したある物質が含まれており、それが環状グアノシン一リン酸となり、この物質が平滑筋を弛緩する事で血管を拡張する事ができ、多量の血液を海綿体へと輸送する事が出来る様になりますが、性質上分解され易いとしています。
分解酵素とされるのが5型のホスホジエステラーゼとなり、これを阻害する事で分解を抑制でき血液流入量の改善が出来るとしており、血管拡張を効果効能としています。
この他には効果効能は無く、興奮を増幅させる事やリビドー亢進等は無いので異なる目的ではED治療薬を使用する事は出来ません。
・内服するにあたっての注意点、禁忌薬
ED治療薬内服にあったって注意すべき点として、性交自体が心臓や脳の血管に負担を掛ける事になるので、心筋梗塞等の心臓に持病を持つ方や脳梗塞の既往歴がある方が内服する事で負担を増幅させる事があるので、原則使用は禁止されています。